株式会社川田自動車 福祉車両改造 愛知県半田市

株式会社 川田自動車

株式会社 川田自動車

〒475-0808 半田市川田町204-4
TEL:0569-22-6975 FAX : 0569-22-6535
info@kawada-adapt.com

ハンドコントロール(手動装置)

 

手動運転補助装置

当社では2種類のハンドコントロールシステムを取り扱っております。

両方ともセミオーダータイプで、お使いになられる方に合わせての取り付けになります。

ブラウンアビリティ製の カロスピードメノックス

レバーを押してブレーキ、引いてアクセル

ブレーキ、アクセル共にダイレクトに結合されているので、車本来の感覚で操作できます。

その他、ウインカー、ハザード、ホーンなどお好みに合わせてカスタムできます。

 

KIVI製のアクセルリング、ブレーキレバー

ハンドル裏のリングを押す、引くでアクセル、右のレバーを押してブレーキ

走行時は両手でハンドルを握ることができ、足元がスッキリするところが魅了です。

 

もちろん車検対応、保安基準部品ですので構造変更はいりません。

 

 

所要日数:約4日〜

作業の流れ

手順1:打ち合わせと留意点
ハンドコントロール(手動装置)の操作位置や操作量・重さなどについて調べます。
実際に車のシートに座って頂き、一番快適なシートポジション・ハンドル位置を決定します。
このポジションに合わせて手動装置を制作します。
また旋回グリップやウインカー、アクセルロックなど、必要なオプション機能について検討します。
操作力が足りない場合などは、DTSによる能力テストを実施し、改造の際の操作力の目標値を調します。

手順2:取り付け準備(車内清掃、養生等の保護措置)
車内清掃します。また取り付け作業中に車内を傷つけないように保護します。

手順3:ブラケット制作・調整
ハンドコントロールを仮置きし、前後・左右のクリアランスおよび可動域、運転者の足との干渉、ハンドルやシフトレバー等との干渉を考慮し、設置位置を決めます。
ハンドコントロールを車体に固定するためのブラケットを制作・加工します。

手順4:ハンドコントロールの取り付け
手動装置をブラケットに固定します。ブレーキペダルと手動装置を最短経路になるよう接続します。
足でブレーキペダルを操作した際に、この接続部が影響を与えない位置に取り付けます。
次にアクセルペダルと手動装置を接続します。コントロールワイヤーに負荷がかからないよう、取り回しの経路や角度を調整します。
ブレーキロックやホーン、アクセルロック、ウインカーなどの電気配線を接続します。

手順5:調整作業
ブレーキやアクセルにガタや遊びが残っていないことを確認します。
またアクセル操作でスムーズなコントロールができるよう、調整を行います。
実際に車を動かして、急ブレーキやアクセル操作を試験し問題がないことを確認します。

手順6:引き渡し
ハンドコントロールの操作方法についてご説明し、全ての機能の動作を確認していただきます。

更新日:

Copyright© 株式会社 川田自動車 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.